噂だけではなかった、本当に豆乳は便秘に効果があった。

もともとは便秘の改善がメインというよりは繰り返されるニキビを治したくて便秘改善を試みることを決めました。便秘も肌荒れの原因の1つです。

まずはインターネットで情報収集することから始めました。食事療法、運動療法、様々なものがヒットしましたが、その中で私が選んだのは豆乳を摂取することです。スーパーでもコンビニでも飲む豆乳は簡単に手に入るので続けられると思いました。

まずは試しにと紙パック200mlの調整豆乳を購入して飲みましたがどうも口に合わず、これを毎日飲むのは苦痛だなと思いました。嫌々やって続くわけがないです。

ajosi

という訳で、別の方法を探さなければいけなくなりました。豆乳をすぐ諦めなかった私が思い付いたのは料理をする際に水の代わりに無調整豆乳を使うという方法でした。調整豆乳ですら口に合わないのなら無調整豆乳なんてなおさらだ…なら飲まずに食べれば良いんだ。という発想から生まれました。もちろん、液体を食べる魔法のような能力を身につけたわけではありませんよ(笑)。

料理に水は欠かせません。例えばカレーを作ります。肉や野菜を鍋で炒めて、水を入れますよね。水ではなくて豆乳を入れます。カレーがいけるなら当然シチューもいけます。煮物も豆乳で煮ます。スープパスタのスープも豆乳です。味噌汁でさえ豆乳です。もはや味噌汁ではないかもしれませんが。これでまずい料理が完成してしまっていたら、こんなものは人には勧めません。意外と豆乳は主張してこないです。上手に他の調味料や香辛料などに負けてくれます。さすがに水の時と全く変わらないとまでは言いませんが、気にはなりません。美味しく食べられます。作るものによっては見た目が本来のものとだいぶ違ってくるものもありますが(味噌汁が代表例です)、見た目へのこだわりがそんなに無い方であれば抵抗なく食べられると思います。さすがにふかしイモを作るのに豆乳で煮て、使わない豆乳は捨てるというもったいない感じになる料理には使いませんでした。

a3d5d7c170fc08492cd3430bc18ff2e9_m

半年続けて効果が出なかったらやめようと思っていましたが、半年経たずとも効果が出ました。

今まで3,4日に出るか出ないかだったのが毎日出るようになりました。しかも決まって朝。今までこんなことが無かったので慣れるまで外出するタイミングが狂わされていました。日によっては1日に2回なんて日もあります。そんな時は、私今日いっぱい食べたんだなぁなんて思います。

今はもう豆乳生活は送っていません。目的が達成されたのでやめました。それでも快便生活は続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017: みんなの酵素ストーリー♪ | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress