便秘に悩み続けてたどり着いた答え

私は幼少期から便秘がとてもひどく、急にお腹を壊してしまったり腸の調子によく悩まされていました。少しでも便秘を治したくて好き嫌いをせずバランスよく食事をしていたのですが効果はありませんでした。
腸の調子が悪いと身体がむくんでしまい、太る原因にもなるということを雑誌で読み慌てて様々な方法を試しました。薬に頼らずに治したいと思った私は、まず代表的な乳酸菌を試してみました。最初は冷えたまま飲んでいたのですがそれが原因でお腹を壊すことが多くなってしまったので人肌ほどに温めて飲むようにしました。しかし、お腹の調子は良くならず結局やめてしまいました。
次に試したのが腸マッサージです。腸マッサージは中々効果があり調子は良くなったのですが、毎日10~15分の時間を必要とするため、当時学生で部活をしていた私は疲れてそのまま寝てしまいさぼってしまうことが多くなりました。

kudamono (2)
その次は白湯がいいときき、それを実践しました。白湯は冬場はおいしく飲めるのですが、暑い夏場はもう飲む気もしませんでした。
そしてそのまま、社会人になり便秘はもう治らないと諦めていました。一人暮らしを始め、コーヒーを日常的に飲むようになり便通の調子がかなり良くなりました。しかし、やはり少しでも生活のリズムが狂うと腸の調子がまた悪くなり便秘になってしまいます。何かいい方法はないだろうかと思い、調べているとうつ伏せが便秘に良いということを知りました。一日5分ほど寝る前にゲームをしながらうつ伏せになる時間を作りました。すると、びっくりするほど便が出やすくなり便秘で悩んでいたのが嘘のような状態になり今ではうつ伏せで寝なくても毎日快便になりました。
今思い出せば、学生時代のほうが今よりストレスが遥かに多く生活に余裕がなかったためストレスで腸の調子が悪かったのではと思います。あと、便秘や腸の調子を気にするあまりそれがストレスになり便秘が悪化したりお腹を壊したりということもあったのではないかなと思います。
それでもやはり不規則な生活や過度なストレスがかかると便秘になってしまったりするので、こまめにストレス解消をすること、睡眠をしっかりとることを心がけて生活しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017: みんなの酵素ストーリー♪ | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress